ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

2007年05月23日 ラジオ収録のスタジオで

滋賀県東近江市で、ラジオトーク番組の収録をしました。昨年まで、ラジオ大阪による「はるこの声の図書館」という絵本の読み聞かせ番組を5年間担当していたので、久しぶりのスタジオ入りに緊張感と、ワクワク感が交錯します。

当然ながら、ラジオというのは、テレビと違って顔が見えない分、声色や一語一句発する時の語感、沈黙の活用、相方との掛け合いの相性、聞き取りやすさ・・・など、リスナーに伝わるコミュニケーションの大部分に、非言語的な要素が絡みます。

議会人として、「ともに歩んで下さる同志に、メッセージが伝わってこそ意味がある」と常々考えている私にとって、ラジオは格好の修行の場であり、成果発表の試験場でもあります。滋賀報知新聞主幹の冨田正敏社長とのトーク1時間番組で、内容進行についての事前打ち合わせをせず「いきなり本番」となりました。

鋭く切り込まれる硬派な政治テーマから、生活情報まで、キャッチボールの主題はいきなり幅広く飛び、マスメディアとして鋭い視点を持ちながらも軽快な語りをポンポンと出される冨田正敏社長の豪快さに敬意を持ちました。どのような職種であれ、人を安心させ引き付けるに足る、「マルチなエンタテイナー」であることの条件の一つは、やはり「本番に強い」ということでもありましょう。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.