ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

平成20年7月24日 ドイツ大使館表敬訪問

7月27日から、自民党女性局として、全国の女性党員の代表の方々総勢56名で、ドイツに行く予定です。昨年の参議院選挙で、自民党が大きな傷を負ったため、昨夏予定されていた海外研修が延期(事実上中止)され、その後私が女性局長をお受けした時に、本件が引き継がれたため、視察団団長を仰せつかることになりました。

今年の女性局の活動テーマは、女性局役員会や全国ブロック会議等で承認され、「環境」と「治安」になっています。この活動テーマに基づいて、全国各地で、地道な取り組みを進め、女性局としての信用を築いていきたいと考えてきました。

環境先進国として知られるドイツに赴き、ベルリンでの政府関係者への表敬訪問の後、

・ 環境政策の変遷
・ 環境政策と政党(支持率)の盛衰
・ 環境立国を牽引する環境法整備と世論の後押し
・ 省エネ住宅の実例
・ 再生エネルギーの先進例
・ 脱原子力発電の潮流

等を、自らの目で見、第一線の方々から話を伺う予定です。その予習として、7月9日には、ドイツ大使館書記官から環境政策の専門的なレクチャーをいただき、昨日には外務省欧州中・東欧課からドイツの現況についてブリーフを受けました。加えて、今日午後には在京のドイツ大使館にハンス=ヨアヒム・デア大使を訪ね、訪独視察団へのご協力を仰ぐべく、本国への打診をお願いに上がりました。

メルケル首相の高い支持率の背景、洞爺湖サミットでのドイツ提案の成果、環境政策での日独の対比など、大使との意見交換は、非常に和やかにもかかわらず、きわめて真面目で、非常に参考になる話の展開となりました。ちなみに、戦前、ドイツ大使館は、何と現在の国会図書館(=永田町、国会の隣)の場所に位置していたそうです。知らなかった、大使に一本獲られました!

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.