ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

平成20年7月27日 女性局視察団、ドイツに出発(前編)

自由民主党女性局として視察団を組み、環境先進国・ドイツ連邦共和国に行ってきました。全国各地から集った総勢56名、すべてのスケジュールを予定通り完了し、事故も無く全員が「日本の領土内に無事帰還」できたことは、団長として少なからずプレッシャーを感じてきた私にとって、何よりの喜びです。安堵安堵。

4泊6日という限られた時間でしたが、世界が注視するドイツ環境政策の「現場」に実際に赴き、エキスパートと直接意見交換することによって、「環境政策の推進とは、実は、こういう仕組み(からくり)なのかぁ!!」と、出発前には想像もできなかったほどの大きな衝撃を受けてきました。

ドイツは、国民生活を支えるためのエネルギー政策と、地球と暮らしに優しい環境・自然保護政策と、雇用と資本を創りだす基幹産業としての環境ビジネス育成を一体として進めています。環境保護を人々の善意だけに頼るのではなく、「理にかなった実利」につなげて、より多くの市民参画を促す仕組みを定着させている点に、心から感動しました。

環境技術では引けをとらない日本も、生活住宅分野ではまだ改善の余地があり、このタイミングで、世界の先駆けから学ぶ視察団を組めたことに素直な喜びを感じました。今回の経験を糧に、政権与党の女性局として「活動から生まれる発信力」をさらに高めていきたいです。長くなりますので、環境レポート、続編は次回7月28日にて報告しますネ。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.