ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

9月29日 環境委員長に就任

午前11時からの本会議において、環境常任委員会の委員長を務めさせていただくことが決定しました。ときドキ!日記(7月27・28日、8月1日号)でもご報告しておりましたが、この夏、自民党女性局長として、ドイツの環境政策を学ぶ視察団を組み、その団長として訪独したときに、「環境政策とは、実はこういうことだったのか」という感動にも似た学びの経験があり、今回の委員長就任となりました。

最近改めて、環境問題は、国民生活を支えるためのエネルギー政策と両輪で考えていかねばならない分野だとの認識を強めています。また、環境問題は、人類・世界共通の課題であると同時に、エネルギー資源や省エネルギー技術を持っているかどうかで、富が国境を越えるという意味では、国益に直結する分野だという認識も強くしています。

国事行事としての国会開会式には、毎回天皇陛下がご台臨になりますが、今回は、常任委員長の一人として陛下を定位置でお迎えすることになり、「男性はモーニング、女性はアフタヌーンドレスで」という着用規定が参議院委員部から届きました。「アフタヌーンドレス」と言われても、明確なイメージがつかめないので、濃紺のかっちりスーツで、心してお迎えしました。目立たないけれども、着実に仕事をさせていただくという決意での「濃紺」です。

環境で世界をリードする日本、技術によって国際社会で頼られる日本の発信力強化、緑豊かで安心できる国土・風土の保全など、今後の展望実現につながる議論を促し、公平で活力のある委員会運営を心がけたいと思います。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.