ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

11月5日 国内最大級の環境ビジネスメッセ(前編)

夜が白々と明けゆく時間帯、皇居のお堀沿いをかっこ良く走るランナー達を横目に、6時16分東京発ののぞみ3号に乗り、名古屋経由で滋賀県へ。長浜ドームで開催される「びわ湖環境ビジネスメッセ2008」の開会式に出席しました。

このビジネスメッセは、母なる琵琶湖を抱く滋賀県で1998年に始まり、年々規模と内容を拡大、11回目の開催となる今回は過去最多の276の企業や団体が出展し、日本最大級の環境産業総合見本市としての実績が出来つつあります。

今日の私の目標は、人だかりの開会式で挨拶をするなど知名度を上げることではなく、ドーム中に広がる各ブースを回って、環境ビジネス最前線の潮流を、肌感覚で把握することです。

例えば、
《環境ノウハウをいかにして利益につなげるのか》
《世界が認め、頼ってくれる日本の環境ビジネスの強みは何か》
《日本のアドバンテージをどのようにして外交・世界人類の福利に活かすのか》
という切り口は、産学官挙げて推進すべき重要な国家戦略になりうると認識しています。

新エネ、省エネ、廃棄物処理、リサイクル事業、環境学習等、幅広い環境関連の技術や製品、サービスやビジネスモデル等についての新鮮な情報を、第一線で活躍されている技術者や営業エースから直接「解説」いただき、実際に素材を手にとってみて意見交換ができたことは、大きな収穫です。長くなりますので、後半は次回11月6日の日記に記します。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.