ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

8月8日 全国の選挙応援

各種報道においても激動が予想されている衆議院選挙投票日まで約3週間となりました。現在妊娠中でお腹を大きくしている私も、志を同じくする全国各地の立候補予定者の応援に連日出張を重ねています。

「政権選択」一本で勝負をかける民主党を前に、自民党にとっては、「必勝を期して」という生易しい枕詞ではなく、現実的には「いかに傷を少なくするか」という闘いになると肌身で実感しています。しかしだからと言って、今後4年間で国家の蓄えを食い潰すかのような勢いでの「選挙戦術としてのバラマキ合戦」に加担すべきではないとの思いも日ごと高まります。

むしろ、日本の良識を求め、その声を代弁するに足る政治家としての的確なセンサー(感度)と人格を磨き、1億2700万人の日本人の命と暮らしを守る重さに耐えうる政権の責任と展望について、真摯に訴え続けることが、政権を担ってきた自民党のあるべき道だと考えます。

「刻一刻と動き続ける世界にあって、日本はいかにして民族の生き残りを図るのか」という視点を常に携え、「自民党が勝つか負けるか」という限定的な視点ではなく、「日本の未来を切り拓くために、自民党はいかに貢献するのか、政党政治はいかにあるべきか」という視点で持論を展開する選挙応援でありたいと思います。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.