ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

8月12日 民主党のアキレス腱

衆議院選挙を目前にして、同志応援のための出張が続いています。数々の重要政策分野からリスクを承知であえて特定するならば、やはり国政の基本は、安全保障と教育と国民経済でありましょう。これら独立国家の根幹に関わる分野でこそ、今回の選挙に向けて、自民・民主の違いが際立っています。

数々の世論調査が民主党政権の実現を予想する現在、国の安全、国民生活の安定につながるこれら根幹分野の重要性を痛感するからこそ、私は民主党の政策・意思決定者の顔ぶれ・体質がはらむ危険性に警鐘を鳴らします。

もし民主党が政権をとるようなことになれば、教育における政治的な中立が侵されます。日本教職員組合が牛耳ることになる教育行政、日本の資源・国際権益の平和的確保につながる国際治安貢献の戦略すら描かれない外交防衛、国民の富を創るための成長戦略なきバラマキ、党大会にすら国旗を掲げず国旗国歌の価値を認めない人が幹部で幅を利かせる民主党の運営に対し、私は恐ろしさを覚えます。日本のために健全な姿だとは思えません。

同時に、逆風下に立つ自民党といえども、私達は民主党の悪口ばかりに終始することがないよう、これを強く戒めねばなりません。いま心ある国民の皆さま・民意が求めておられるのは、与野党のスキャンダルや悪口の応酬ではないはず。舵取りが極めて難しい日本の現状を直視し、将来展望とその意義を真摯に語り続ける戦いぶり、次の展開に繋げる問題提起を明示する選挙応援を、一つでも多く重ねたいと考えます。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.