ありむらの活動


はるこのときドキ!日記 フォトアルバム ありむらの応援団 国政報告会

■はるこのときドキ!日記

3月2日 皆の善意で支える公益法人

ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンという公益財団法人があります。病気やケガ等で専門病院に入院し、長期療養を余儀なくされている子供と、その看護にあたるファミリーを応援しており、実に温かく気持ちのいいスタッフとボランティアに支えられている非営利団体で、その活動資金は企業や団体、個人からの寄付で成り立っています(詳しくは、―ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンHPをご覧下さい)。

元マクドナルド社員という経歴もあり、私はその財団の理事を務めています(当然、私もボランティアです)。世界には約300ヶ所のハウスがあり、日本には平成13年に開設された第一号、世田谷ハウス(国立成育医療センター隣)をはじめ、宮城・高知・大阪・栃木・北海道の専門子供病院隣接地で、闘病生活をするご家族を励まし、1日1000円で宿泊施設を提供しています。今日、東京・府中で7つ目のマクドナルドハウスが完成し、理事として、お祝いのスピーチをさせていただきました。

専門病院で治療を受ける子供達の中には、体の複数箇所に管を通していて呼吸することが精一杯なお子さんや、日常的にベッドで寝たまま移動することを余儀なくされ、長い期間、親子で会話することも難しい状況におかれている方もいらっしゃいます。みんなそれぞれ、困難を背負いながら今を懸命に生きている尊い命です。

闘病生活を続けるお子さんとご家族に、温かく心を添え、敬意を持ってご一緒に励まし助け合うコミュニティの一員でいられることを私は大事に思っています。非営利・公益財団の理念と実践に共鳴していただける方は、全国にあるマクドナルド店頭カウンターにも「早く元気になぁれ」基金箱がありますので、ぜひご支援ください。私もできるだけ基金箱に入れるようにしています。なお、一円からでもOKで、全て財団に寄付されます。

一覧戻る<
ありむら治子 参議院議員
ありむらの自己紹介
ありむらの活動
はるこのときドキ!日記
フォトアルバム
ありむらの応援団
国政報告会
報道・持論
参議院投票方法
> TOP  > トキドキ日記  > 後援会活動  > 事務所のお知らせ  > サイトマップ
COPYRIGHT c 2006 HARUKO ARIMURA ALL RIGHT RESERVED.