はるこのときドキ!日記


平成24年2月5日 寒い長野で温かい気持ちに



長野県第5選挙区(飯田市、伊那市、駒ヶ根市、上伊那郡、下伊那郡)の自民党支部長・宮下一郎前衆議院議員から依頼を受け、後援会女性部新年会での講演を2ヶ所で行うべく、伊那谷に馳せ参じました。連日の大雪で中央線が若干遅れたものの、このあたりは余り雪が積もらない地方のようで、無事日程をこなすことができ、ひとまずホッとしています。
宮下支部長の東京後援会会長と私の後援会長を、同じく中條高徳先生がお務めになっているというご縁があります。伺うと、宮下支部長のお父様と中條先生が陸軍士官学校の同期だったとか、、、歴史のつながり、人と人の絆の有り難さを感じます。



女性の方の集まりということなので、歌の合唱なども取り入れ約45分の講演、皆様とても熱心に話しを聞いて下さいました。和やかな雰囲気の中に真剣さあり、温かみあり、の本当にアットホームな空間。自民党が野党になっておよそ2年半、その逆境にあっても「やっぱり自民党だ、宮下さんをもう一度国会に送り込もう」という熱い想いがひしひしと伝わってきます。気持ちが通じ合い、苦しい時に助け合える仲間をどれだけ持つことができるか、政治家として大切なことに改めて気付かされる1日でした。

一覧へ戻る
#

# # # # #