はるこのときドキ!日記


平成24年2月15日 憲法を考える1日



朝8時から自民党本部で開催された「憲法改正推進本部起草委員会」に出席。今年4月28日、サンフランシスコ講和条約発効60周年の節目での自民党憲法改正案の発表に向け、いよいよ審議が加速してきた印象です。原則として非公開の委員のみの会議ですので、多くを書けませんが、色々と意見を発表した後で「有村さんが改正案の前文を書いてよ」とのお声掛けを頂いたのは、とても光栄なことです(どうなるかは分かりませんが、、、)。
その後は、参議院に設置されている憲法審査会に出席。今回は、国民投票法が審議された際に、衆議院憲法調査特別委員長を務められた中山太郎氏と、同調査会で理事だった船田元氏からの意見聴取。元自民党衆議院議員のお二人、共通しておっしゃっていたのは、東日本大震災を経た今だからこそ、非常事態時における政府の対応を憲法に明文化すべきということでした。
未曾有の大震災からの物心両面に亘る復旧・復興は無論のこと、これを教訓として国の体制を整え、法の不備をしっかりと補っていくことも急務です。

一覧へ戻る
#

# # # # #