はるこのときドキ!日記


平成24年4月19日 番町政策研究所「2012躍進の集い」



私が所属する政策グループ・番町政策研究所の年に1度の集いが開催されました。東京プリンスホテルを会場とするこの催しは4月に行われるのが恒例ですが、昨年は大震災の直後ということもあり、6月30日に延期、控えめな会となりました。
今年は、打って変わって、とても活気に満ちた会を催すことができました。参加者の皆様も口々に「今年は人が多いなぁ、身動きできないくらい人が一杯だね」とおっしゃっていました。早晩、衆議院解散に伴い、戦いの火蓋が切って落とされることを予感され、自民党に政権を奪還してほしい、というエールを込めて足を運んで下さった方が多かったのではないか、と感じます。



私は、去年に引き続き司会・進行役を担うことになり、緊張と充実感に溢れた「2012躍進の集い」を経験することができました。自民党内の様々なお立場の来賓を迎える中、その紹介に即興でアドリブを加え、会場の一体感・昂揚感を導くのも私の役目。かなりの時間と想いをかけて、司会者原稿を作成し、リハーサルを重ね現場に臨みます。「さすが!有村さんの司会よかったよ」と声を掛けて下さる方のお気持ちが、何よりも嬉しく有り難いものです。来年の催しこそは、与党の一員として迎えるべく、日々の務めに邁進していきます。



一覧へ戻る
#

# # # # #