はるこのときドキ!日記


平成24年5月21日 埼玉県・大宮市で講演



神道政治連盟埼玉県本部の時局講演会に講師としてお招き頂きました。テーマは「女性宮家」創設問題。今回の講演会は埼玉県本部さまのご配慮で、万一私に急な国会日程が入っても大丈夫なように、講師2人の態勢です。もう1人の講師は、皇室や憲法を専門に活躍される日本大学の百地教授です。大家の先生を前にしてのお話しは、さすがに緊張してしまいます。
「女性宮家」創設が将来的には男系男子で継承されてきた我が国の皇室の歴史を脅かしかねないことを説明するとともに、今年2月の天皇陛下の心臓バイパス手術にあたっての詳細な報道や、崩御された後の火葬の検討など、皇族方に関する情報を過度に開示しているように見受けられる宮内庁のあり方に対し、議会人として疑問を呈しました。百地教授のお話を伺う時間を頂けたことは、私にとってとても素晴らしい学びの時間となりました、、、ダジャレが趣味とおっしゃる百地先生のお人柄にすっかり魅了された一時でもありました。

一覧へ戻る
#

# # # # #