はるこのときドキ!日記


平成24年5月27日 「雲南市を考える会」で講演



初夏の晴天に恵まれた今日、島根県雲南市議会の大ベテラン安井誉議員を会長とする「雲南市を考える会」の勉強会に講師として出席させて頂きました。地域の代表として市議会で日々汗を流される有志の先生方が、有権者の皆様と一緒に雲南・島根の未来を考えていこう、と超党派で立ち上げられたこの度の勉強会。その趣旨とともに…発起人となる先生方それぞれが、出席依頼のお声掛けをされ、暑い日射しのなかでの駐車場整理から、受付、会場の設営撤収に至るまで力を合わせて遂行される運営スタイルに心からの敬意を感じる一日でした(参画されている雲南市議の皆様のお姿が本当に清々しかったです)。



全国区の議員として各地を訪れるなかで、多くのお教えを頂き、また私なりに考察を重ね、どうすれば「民族の生存可能性」を高めていくことができるのか、その目的にふさわしい生き方のヒントとは?という観点で「見つめよう日本人の生き方」というタイトルで70分の講演をしました。雲南市が選挙区の竹下亘・衆議院議員、速水雲南市長、山根県議会議員も来賓でお越し下さり、地域に関しての意見交換もさせて頂きました。竹島をはじめとする領土問題など、特に島根の皆様とは連携を深めておりますが、その中でも雲南の皆様との御縁に、改めて感謝の念を厚くした一日でした。そして何より…日曜日の午後、雲南市・島根県のことを共に考えていこうと、ご参集下さった多くの皆様に心からの御礼を申し上げたいと思います。

一覧へ戻る
#

# # # # #