はるこのときドキ!日記


平成24年7月3日 滋賀を駆け回る1日



私のふるさと・滋賀県の同志である、細江正人県議の県政報告会で、講演の機会を頂きました。平日のお昼間の開催、という今までにないパターンで、しかも朝から大雨というコンディションに、細江県議ご本人はきっと気をもんでいらっしゃることだろうと心配しておりましたが、なんと会場はすでに満員で立ち見の方もいらっしゃるという、大変有り難い状況となりました。



盛り上がった会場の雰囲気に、私もついつい熱が入ってしまい、気が付けば予定時間をすっかりオーバーしました。それでも最後まで熱心に耳を傾けてくださった皆様に心から感謝申し上げ、そのような素晴らしい支援者の方々に恵まれる細江県議の人格に敬意を表すとともに、ますますのご活躍をお祈りしております。



また夕方には「ありむら治子を囲む会」を開催して頂きました。滋賀県は、ご存知の通り県土の真ん中に琵琶湖があります。この琵琶湖の北側のエリア・湖北地域に位置する長浜市、米原市の有志の方々が、会を立ち上げてくださいました。
これまで、余り接点のなかった方が多かったので、大変緊張しましたが、発起人の皆様のご信用のおかげで、素晴らしいご出席者に恵まれ、閉会の頃には、何十回と回を重ねてきたようなフレンドリーな雰囲気となり、職業や年齢も異なる幅広い方々に“仲間”として受け入れて頂けた喜びをかみ締めました。



初めてお目にかかる方には、意外な視点を教えて頂くことも多く、今回の会合でも、これからの行動や考え方につながる、新しいヒントをたくさん頂きました。「有村さんは全国区だから、なかなか地元にも帰れないけれど、その分、この地域は俺たちに任せて、安心して全国をまわっておいで・・・と言えるぐらい頑張らなきゃなー!」と、冗談まじりに温かいお言葉を頂き、みんなで大笑いしながらも、思わず胸が熱くなりました。与えて頂いた新たなご縁に、深く深く感謝しています。発起人の皆様、ご出席頂いた皆様、本当にありがとうございました。

一覧へ戻る
#

# # # # #