はるこのときドキ!日記


平成24年11月13日 ダライ・ラマ法王猊下来日



チベットのダライ・ラマ法王猊下が参議院議員会館で「普遍的責任と人間の価値」と題し講演されました。冒頭の、自民党・安倍総裁の挨拶でも触れられましたが、法王猊下が数々の制約がある中で政治的指導者ではなく、あくまで宗教的指導者という立場を貫き、ギリギリのところで戦っていらっしゃるお姿に心底敬意を持ちます。

この講演は超党派の国会議員世話人会が1年以上前から企画・立案した上で、インドまで赴き、ようやくに実現したものです。ダライ・ラマ法王猊下が国会内でお話しをされるのは史上初。会場には、超党派の140名を超える議員が詰めかけました。中国政府がチベットの同化政策を推し進める状況下にあって、同地では多くのチベット僧が焼身自殺という人間の尊厳をかけた、壮絶な手段でもって抗議活動を行っています。人間の誇り、国家の威信に共感する議会人が、中国当局にマークされることを恐れることなく、毅然と出席し共感の輪を広げられたことをとても嬉しく思います。

一覧へ戻る
#

# # # # #