はるこのときドキ!日記


平成24年12月8日 同志の戦いにかけつけて



三重県へ2人の同志の応援に行ってきました。
、、、ところが予想外なことに。最初に応援に伺った候補は弁が立つ先輩議会人。ご自分の選挙区のことも気になるであろう中、厳しい戦いを繰り広げている新人候補の応援に行かれることになり、文字通り「留守を任される」格好となりました。
ご本人不在の選挙応援は私も初めての経験でしたが、三重の女性は皆さん温かい!最後までとても真剣にお聞き下さいました。これも日頃から候補がしっかりと想いを込めて地元の方とお付き合いされているからだなぁと、日々の努力を垣間見た思いです。

次なる会場は新人候補の方の決起大会。候補は私と全く同い年の42歳。それだけで親近感が湧くものですが、聞けば、第二子の出産予定日が投開票日をまたいだ12月19日とのこと!臨月の奥様のお気持ちを思うと、応援演説にもますます力が入ります。
同じ子育て世代、同僚としてお仕事ができることを信じ、その日を楽しみにしています。共に頑張りましょう!

一覧へ戻る
#

# # # # #