はるこのときドキ!日記


平成25年4月9日 国の宝と神社の歩み


上野の東京国立博物館で開催中の「大神社展」初日に伺いました。神社に関係される方が、空前絶後の規模の催し、とおっしゃる展示内容の詳細については是非皆様にもご覧頂きたいです。今から数百年以上も前のもの(中には千年以上も昔の物も!!)が大事に保管され、代々受け継がれ、こうして現代に伝わっている有り難さに、神社の皆様の伝統や文化と共に過ごされた息づかいを感じるとともに、この時間軸の尊さは神社界のみならず日本の宝、まさにその歩みこそが「国宝」と呼ぶに相応しいものだと認識します。5月上旬には一部展示が入れ替えになるそうですので、今から楽しみです。

一覧へ戻る
#

# # # # #