はるこのときドキ!日記


平成25年4月28日 土着の強み


茨城県東海村で講演の機会を頂戴したので、日帰りで出張。帰途、従前より「一度、お参りにおいでよ」とお声掛け頂いていた鹿島神宮に初めて参拝致しました。素晴らしい晴れの天候の中、海沿いを車で2時間程走りましたが(茨城県は広い!)、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しんでいらっしゃる方も多くGWの始まりを実感。
到着後、拝殿にて必勝祈願。斎主の方が私のHPやリーフレットをご覧になり、丁寧に文言を選び浄書して下さった祝詞の文章に感激しました。低頭しながら聞こえる1つ1つの言葉が言霊となって、私の心と体を奮い立たせるような祝詞、、、本当に有り難かったです。
国語、大和言葉の響き、語句の意味や語感を大事に神仕えなさっている神職の方の後ろ姿を拝し、地域に根付き、歴史を紡ぎ、伝統・文化を受け継ぐ土着の粘り強さ、尊さを痛感。鹿島神宮では来年、12年に一度の式年大祭を迎えられますが、こうした日々のご奉仕のたゆまぬ積み重ねが無事に結実するよう祈念いたします。

一覧へ戻る
#

# # # # #