はるこのときドキ!日記


平成25年11月12日 人口減少社会にあって政治に求められるもの


本日、自民党本部で開催された「人口減少社会対策特別委員会」。今日の議題は「子ども・子育て支援新制度について」です。 少子高齢化が進み労働人口が減少する中にあって、保育園・幼稚園の機能を拡充した「認定こども園」を設置することで、子育てをされている母親に社会でも活躍して頂きたいというのが、新制度の狙いの1つです。
「保護者が子育てについての第一義的責任を有する」ことは新制度の趣旨として明記されている通りですが、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と、それぞれ所管が異なることは制度設計を複雑化させている感があります。 単なる省庁の綱引きに陥ることなく、子育て真っ最中の家庭にとって有意義なシステムとなるようしっかり議論したいと考えます。

一覧へ戻る
#

# # # # #