はるこのときドキ!日記


平成26年4月6日 日本の心と美の祭典


全日本きものコンサルタント協会が主催された、「全日本きもの装いコンテスト」に、今年も審査員としてお招きを頂きました。
私も所属しております超党派の「和装振興議員連盟」では、毎年1月の通常国会開会日には和装で登院しておりますが、その際に着装のお手伝いをして下さっているのが、全日本きものコンサルタント協会の皆さまなのです。
このコンテストでは、女性の部をはじめ、男性の部、子供の部(かわいらしい幼稚園の年長さんもいました!)、外国人の部などの様々な部門があり、限られた時間の中でいかに美しく着装できるかを競うことは勿論ですが、同時に、立居振舞、言葉遣い、作文などの教養美も審査の対象となります。
大きなNHKホールのステージ上でみなさん緊張した表情でしたが、日頃の鍛錬の成果を発揮され、きびきびとした手さばきで着装されるお姿に、私も凛とした清々しい気持ちになりました。昨今、きものに触れる機会が少なくなってきていますが、このコンテストがきものに慣れ親しんで頂く機会の一つになればと願います。

一覧へ戻る
#

# # # # #