学生インターンの受入


2003夏 インターンレポート
青山学院大学に在学中 加地恵理子さんのインターン体験記


◆はじめに

初めまして、この夏有村事務所でインターンをしている、青山学院大学2年の加地恵理子です。大学の掲示板で、国会議員事務所でのインターンの募集があるのを知り、前々から政治の世界に興味を持っていた私は、ダメモト(=「ダメで、もともと」の心境=)で面接を受けました。そして大学2年生の夏休みの大半を永田町で過ごせることになり、とても貴重な体験をしました。私がインターンを始めたのは7月の終わり、大学の期末試験が終わった直後で、通常国会が閉会する数日前でした。ここでは、議員の日常や一学生が垣間見た政治の場面などを、感想として書いてみたいと思います。
[ ※写真:インドに留学経験があることから、有村議員の代理出席として、日本インド友好式典に参加させてもらった時の様子を、事務所に戻って報告する合間の「ツーショット」です ]

◆有村議員の印象!

有村議員についてまず書いてみます。議員は一言でいうとすごくパワフルな人! 超過密スケジュールを毎日こなしながらも、いつもハツラツとしていて、人を引き付ける声と笑顔を絶やさない方です。忙しい時間を割いて、毎回私たちインターンの2人に対して、ゆっくりと質問ができるようセッションを設けていただきました。この時間中に限らず、議員はいつも私達からの質問を歓迎してくれて、「うちの事務所は、オープンでやっていきたいからね」と声をかけられます。このセッションで学んだことはたくさんあります。その他にも、例えば議員の講演内容や、スタッフとの打ち合わせの一場面、熱心な議論が交わされる勉強会に同席した時など、学びとるべきことがたくさんあり、「インターンをやっててよかった!」と実感します。

◆閉会中の日常

国会がない時期でもこんなに忙しいなら、国会開会中は一体どうなるの!?――と思ってしまうほど、いつも有村事務所はフル回転です。議員という職業はある意味、体力勝負ですね。連続で部会に出席したあと、雑誌の取材を受け、次に控える講演の準備をし・・・という感じです(別ページ「インターンシップ体験記」に詳しく書いてあります)。超多忙のなか、インターン指導に時間を割いてくれた、議員を始め、スタッフの方々には感謝です!

◆学生なのに半社会人 ――インターンという制度

学生でいながら、インターンという形で社会に出ることは、私にとっては毎日が緊張の連続でした。まず、名刺の受け取り方も分からない、タクシーに議員と一緒に乗っても、どの席が上席なのかも分からない、文書のホチキスの留め方さえなってない・・・というありさまでした。学生だけれども、事務所で働く限りは、きちんとした社会人のマナーを身に付けなければいけない、と反省の日々でしたが、こういう失敗は若い時にたくさんするべきかもしれません。

◆結びにかえて

私たちのインターン第1日目に、「瀬沼さん・加地さん、インターンのおふたりは、この事務所にとってお客さんじゃなくて、共に働くチームメンバーだから、一緒に頑張ってやっていこうね!」と言って励ましてくれた議員をはじめ、学生インターンを受け入れ、面倒をみてくれたスタッフの方々に心から感謝しています。

一覧へ戻る
#

# # # # #